南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

青田買い

「ごまめ」につづく真面目なお勉キョ。シリーズ化するか?

青田買い
青田の時期に収穫を見越して先買いすること。(goo辞書)
先立って、家の国語辞典で調べた(親に調べさせた)ところ、何でも借金を抱えた田の所有者に対して、その収益を見越して先に幾らかの前金をやるみたいな話らしい。今じゃ農協ですから、そんな話は無いわけで。

と、こんな調べ物をやったのも、「青田刈り」が誤った表現であることを最近知ったので、確認の為。まだ実らない稲穂を青いまま刈っちまってどうすんねん?阿呆。にしても、青田刈りはストレート変換できて、青田買いは「青田」と「買い」で分離変換されるのは何故?


只今大変妙な時間ではございますが、わずか1週間前に上毛電気鉄道のHPが開設されたようです。上州には不思議な鉄道があるものですね、たった今まで知らなんだ。やはり奥が深いぞ、南蛇井の地は。
上毛電気鉄道、株主に上信電鉄が含まれているので、路線は前橋方面だがまんざら無関係でもないらしい。上信は明治28年、上毛は大正15年のそれぞれ設立となっている。上州は僻地過ぎて、大手鉄道に食べられなかったか。良かった余暇田。ていうか、心臓欠陥センターって、身代取りより怖いじゃありませんか。