南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

软座しかない临客が出てる!!

中国鉄路の時刻表を検索してみた。そうか、この時期は春節(旧正月)ということで临客(臨時列車)が出ている。乗りたいなー。以前『地球の歩き方』には春節などの混雑期には列車の運賃が割高になるのでお勧めできないと書かれていたが、临客は車両こそやや劣るが運賃は半額近くに下がって案外便利だと思っている。逆に普段より運行本数が増えるぶん席を確保しやすかったり。ところが、今偶然見つけたL8552上海発阜阳行きは软座(1等席)しか設定されていない。もしかして和谐号車両で運転してんのかな。临客なんて硬座限定の増便手段という古い考え方は終わり、サービスの一つとして位置づけられるようになったのだろうか。もちろんL256/257のように上海-苏州を6元で乗れるような激安列車も走っている。これは通常運行されている快速(Kなど)の約半額、高速(G)に比すれば実に10分の1であり、やっぱこれぞLだよなと。